留学生活一年目、終了。

2014年、夏、留学生活一年目を迎えました。このブログも、もうすぐ一年目を迎えようとしています。そこで、私とデジタル・ヒストリーというテーマで、一年間を振り返ってみようと思います。もっと、かっこいいテーマが、思いつかなかったもんで・・・。

ジョージ・メーソン大学へ留学してから、デジタル・ヒストリーという、未知の分野に足を踏み入れることになり、私の今までの歴史に対する学習方法はがらりと変わりました。まず、秋学期に「デジタル・ヒストリーとは何か?」というセオリーばっかの授業を受けてから、春学期は実際に、デジタル・メディアを使って歴史を語る、というプラクティカルな手法を学びました。そこで、今まで苦手だと思っていた、難しそうなソフトウェアやデジタル・ツールを使い、HTML&CSSのコーディング、フォトショップで歴史の写真の復元の仕方など、様々なテクニックを勉強してきました。

授業やワークショップ中は、最新の情報から置いていかれないように、そして吸収できるものはすべて吸いとってやる、という気持ちで必死でした。いちから覚えることばかりで、とてつもない情報量と、覚えないといけないスキルを、目の前に焦りも感じました。でも、意外とコーディングが楽しくて、ウェブデザインも、自分には向いていたように感じます。もちろん、デザインのセンスなんて全くありません。色やレイアウト、フォントについても、ちょこっと勉強しただけで、あとは全部勘で適当にやっていました。でも、いつもとは違う部分の脳をフル活用し、少しずつ形になっていく、という今までの勉強とは味わったことのない楽しみを知りました。それに、いつも勉強中は、音楽はかけないけど、コーディングしているときは、音楽があったほうが、私は集中できました。しかも、クラシックではなく、ポップやロックのほうがいい。だから、大好きな韓流グループの歌を、大音量で流しながら、課題ができるなんて、もう嬉しくてテンションがあがりました!

この一年間、学んできたことは、一見、歴史とは全く関係のないようなスキルですが、デジタル化が進むなか、ヒストリアンも歴史とデジタル・メディアを同時に学んでいかなければならないと、日々、強く感じます。日本でも、最近、多くの資料がデジタル化されたり、デジタル・ツールが開発されたり、デジタル・ヒューマニティーが注目されるようになってきたと思います。今の私には、アメリカで学んだことを、そのまま真似することしかできませんが、今後、デジタル・ヒストリーを自分の研究にどううまく取り入れられるかについて、考えてみたいです。もちろん、一次資料を片っ端から調べ、時間をかけて何度も読み返す、という従来の研究方法も大事ですし、絶対に続けていくべきです。古い本や紙の匂いも好きです。でも、そこでストップするのではく、今までの研究方法に加え、デジタル・ツールを使うことによって、想像もしていなかった結論を導き出す可能性に期待してみるのもいいでしょう。

最後に、一年間、一緒に勉強してきたクラスメート、日本から応援してくれた家族、親友、教授、またアメリカで出会った素敵な日本人のお友達に、感謝しています。ほんとうに、ほんとうに、ありがとう!

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s