ウィキペディアのエディティング

今まで何度かウィキペディアを利用したことはあるけど、修正したことはありませんでした。

授業中、ウィキペディアを修正したことある人?っと先生が聞いたら、4人くらいの手があがりました。

よかった、私だけじゃなかったんだ(でも4人もいたんだ)と思いながら、これを機会に私も修正してみようと思いました。

そこで、私が選んだウィキペディアのページは、ウォルター・プレッカーという人物についてです。

彼は、1912年から34年間、ヴァージニア州の人口統計局で働いていました。

優生学をもとに、黒人は白人より劣っているという考えを正当化し、「白人」の人種を守るためには、どんな手を使ってでも、黒人との混血を阻止しようとしました。

白人優越主義の団体アングロ・サクソン・クラブ・オブ・アメリカのリーダーでもあったプレッカーは、1924年にヴァージニア州で歴史上もっとも厳しいと言われている異人種間結婚禁止法をつくりました。

また彼が、ヴァージニア州の先住民にたいしてとった行動は、今でも多くの部族に大きなダメージを与えています。

私にとって、こんな憎くも、研究し続けるのに価値ある人物について、どこから修正するべきか?

ほんとうに冷静になって書けるのか、といろんなこと考えながら、まずは正確な情報を書き足すことから初めました。

ついつい熱くなってしまうけど、ここでは「事実」を書けばいいだけ。誰がみても、納得のいくようなシンプルな情報だけ足してみました。

また、たくさん修正したら、自分の文章のスタイルがでてしまうので、私がウィキペディアの文章を盗んで、自分の論文に使ったと思われるかな?と余計な心配もしながら、過去の論文を引っぱり出して、同じ文章にならないよう気をつけながら書きました。

今回、ウィキペディアを修正してみて、アカウントを作ったら(メールアドレス不要)、誰でも簡単にオンラインに書き込めることにびっくりしました。

初めてデジタル・ヒストリーに貢献できたような感じがして、ちょっと満足しています。

修正後のウォルター・プレッカーのページを是非ご覧ください。

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s